小児歯科|【土日診療】京都市山科区新十条、椥辻周辺で歯科・歯医者をお探しの方はさくらぎファミリー歯科

小児歯科

小児歯科
Pediatric

一般歯科と小児歯科の違い

一般歯科と小児歯科の違い
子供は、歯の生え変わりや顎の成長などをするため、それを踏まえた治療が必要です。乳歯に対するむし歯治療、むし歯予防のためのシーラント処理やフッ素塗布、歯並びに悪影響を及ぼす可能性がある癖を取り除くなどさまざまな点で大人とは異なった治療を行います。

子供は大人と違い自分の症状を正確に伝えることができないため、大人に比べると症状や原因を把握するのが難しいです。小児歯科医は、多くの子供を治療した経験や知識によって症状や原因を突き止めます。また小児歯科医は子供の扱いにも慣れているため、歯科医院に初めて行く子供を連れて行っても心配ないでしょう。

当院の取り組みと親御さまへのお願い

歯医者に対して「怖くて痛いところ」という恐怖心や苦手意識を持っている方は、お子さまに限らず大人の方にも多くいると感じています。
しかし、お子さまが虫歯にならず、健やかに成長してほしい、少しでも嫌がらずに歯医者に通ってほしいという想いは、私たちだけに限らず、親御さまも同じだと思います。

当院では、歯科医師をはじめスタッフ一同が歯医者に対するネガティブなイメージをできる限り取り除くことに力を注いでおります。
それには、私たちだけでなく親御さまのご協力が必要です。お子さまが進んで歯医者に通っていただけるよう、ご協力をよろしくお願いいたします。

歯医者嫌いにさせないための当院の取り組み

歯医者の雰囲気に慣れてから治療していただきます

見慣れない場所で初めて会った人に治療されるのは、お子さまの恐怖心や苦手意識を増幅させてしまう原因になると思います。当院では、緊急時を除きすぐに治療を行うことはありません。診療台に座ってもらったり、器具を触ってもらうなどの練習からはじめて、まずは雰囲気に慣れてもらうところからスタートします。

可能な限り痛みを感じない治療を行います

表面麻酔や電動麻酔注射を使用して、可能な限り痛みを感じにくい治療を行います。麻酔針は細いものを使用し、液は常温に戻すなどを徹底し、注射のときも極力痛みがすくなくなるようにしております。

治療を行うまえに使う機器について事前に説明します

治療中は口の中が見えないため、怖いというお子さまも多いと思います。当院では、治療に使用する機器をお子さまにとことん説明し、納得いただいてから治療を始めます。

口の中に機器を入れて治療の練習をします

機器について納得いただいたら、実際に口の中に入れて空気や水を出したりしながら体感していただき、お子さまに慣れていただきます。

声をかけながら治療を進めます

「説明した機械で風を出すよ」「お水をかけるからね」など、お子さまに今やっている治療の状況を説明しながら治療を進めていきます。
フッ素塗布の必要性
シーラントとは

歯医者嫌いにさせないために親御さまへのお願い

おどし文句に歯医者をつかわない

見慣れない場所で初めて会った人に治療されるのは、お子さまの恐怖心や苦手意識を増幅させてしまう原因になると思います。当「言う事を聞かないと歯医者さんに連れて行くよ」「歯を磨かないと歯医者さんで痛いことしてもらうよ」など、普段の生活の中で脅すようなことをして、お子さまに歯医者を「怖いところ」というイメージを与えないようにしてください。

ウソをつかない

「見るだけだから」「遊びにいくんだよ」といったうそは言わないようにしてください。治療が必要となった場合にお子さまが騙されたと感じるだけでなく、歯医者に対するイメージが悪くなってしまう可能性があります。もしそのような形で歯医者へ来院された場合は、事前にスタッフにお伝えください。

不意打ちで連れて行かない

何も知らされていない状態で歯医者に連れて行くと、心の準備ができていないお子さまは身構えてしまい、必要以上に怖がるようになります。事前に歯医者に行くことは伝えておいて、お子さまに心の準備をさせましょう。

親御さま自身がリラックスしましょう

子供は、自分のママやパパの心配を敏感に感じ取ります。そのため、付き添いの親御様がリラックスして、「ここは安心できる場所だよ」という雰囲気でいてあげてください。

もしうまくいかなくても叱らない

治療の音や歯医者の雰囲気に驚いて泣いてしまうお子さまもいます。中には診療が続けられないというケースもありますが、けっしてお子さまを叱らないであげてください。また、お子さまの将来に関わることなので、「かわいそう」という親御様の勝手な判断で連れて帰らないようにお願いします。

こんなお悩みはありませんか?

このような症状でお悩みの方は、おひとりでお悩みにならずにお気軽にご相談ください。
  • 子供をむし歯にしたくない
  • 子供にしてあげる歯磨き方法を知りたい
  • 子供が歯科医院に行くのを嫌がる
  • 子供の歯が生えてこない
こんなお悩みはありませんか?
乳歯のむし歯予防

乳歯のむし歯予防

乳歯のむし歯を予防するためには、毎日きちんと歯磨きをすることが大切です。また、歯科医院でむし歯の予防に高い効果が期待できるフッ素を塗ってもらったり、むし歯ができやすい奥歯の溝を埋めるシーラント処理をしてもらったりすることも予防になります。

また、決まった時間以外はおやつを食べないようにする、スポーツドリンクを飲み過ぎないようにするようにすることもむし歯予防につながります。

指しゃぶりや口呼吸、唇をかむなどの癖があるお子さんは、歯並びが悪くなり歯磨きをしても汚れが落としにくくなる可能性があるため、このような癖を見つけたら止めるように注意してください。もし注意してもこのような癖が止まらない場合は、お気軽にご相談ください。

正しい歯磨きについて

正しい歯磨きについて
乳歯や生えてきたばかりの永久歯は、むし歯になりやすく進行もしやすいため、正しい歯磨きをしてむし歯にならないように注意しなければいけません。小さなお子さんは自分で歯磨きができないため、代わりに親御さんが磨いてあげる必要があります。

歯磨きを始めるのは、乳歯が生えてきた時期です。最初は歯ブラシではなくガーゼを指に巻いて歯を軽く拭いてあげてもよいでしょう。無理やり歯ブラシを入れて磨いたりすると、歯磨きを嫌がるお子さんになってしまう可能性があるため避けてください。

お子さんが3~4歳になったら、歯磨きの仕方を教えてひとりで歯磨きを始めてもよい時期です。しかし、まだしっかり磨くことは難しいため、お子さんが9~10歳になるまで親御さんが磨き忘れの確認や仕上げ磨きをしてあげてください。仕上げ磨きは、膝の上にお子さんの頭を置いた体勢ですると、お口の中が見やすく磨きやすいためおすすめです。奥歯の裏は、見にくい上に歯ブラシも届きにくいため、磨きにくい部分です。出来るだけ小さな歯ブラシを使って、丁寧に磨いてあげましょう。

正しい歯磨きの仕方は、1本ずつ磨く意識で歯ブラシにあまり力を入れずに小刻みに動かすことです。横磨きだけでは歯の隙間の汚れを落とすことは難しいため、歯ブラシを立てて磨くことも大切です。何か食べるごとに歯磨きをするのが理想ですが難しい場合は、就寝前に長めに時間を使って入念に磨くようにしましょう。

フッ素塗布の必要性

フッ素には、むし歯になりかけている初期の歯を元に戻す効果やむし歯菌が出す酸の抑制、歯の質を強くする効果など、様々なメリットがあります。
また、フッ素を塗布するタイミングは、乳歯・永久歯問わず、生えたばかりの歯に行うことが最も効果的と言われています。
もちろん、大人の方にも有効な施術ではありますが、お子さんのうちから行うことで、より効果的に歯を守ることができます。

当院の「キッズクラブ」にご入会された方は、年4回フッ素塗布を無料で行っており、3ヶ月に一度のフッ素チェックを推奨しています。
お子さんの大事な歯を守るためには、定期的なメンテンナンスが非常に重要です。
デンタルノートやスタンプラリーなど、通院が楽しくなるような取組みも行っておりますので、まずはお気軽にご相談ください。
フッ素塗布の必要性
シーラントとは

シーラントとは

シーラントとは、歯科用の樹脂で歯の溝を埋めて、むし歯菌が繁殖しないようにするもので、主に生えて間もない臼歯や乳歯の奥歯に行う施術です。
生えたばかりの歯は大人の歯と比較しても弱く、むし歯になりやすいです。
また、奥歯の溝は普段の歯磨きでも届かないほど深いこともあり、そこに食べ物が詰まってしまうとすぐにむし歯になってしまいます。
毎日十分な歯磨きをしていても防げないこともありますので、お子さんの歯を守るためにもシーラントを推奨しています。

シーラント処置の流れ

  • クリーニング
    01

    クリーニング

    歯の表面を清掃し汚れを取り除く
  • 薬の塗布
    02

    薬の塗布

    シーラント処置を行う歯を乾燥させ前準備の薬を塗る
  • 再乾燥
    03

    再乾燥

    薬を水で洗い流して再び乾燥させる
  • 施術
    04

    施術

    シーラント材を歯の溝に塗り光を当てて固める
お電話でのお問い合わせ・ご相談はこちら
075-582-5030
初診WEB予約(24時間受付)
QRコードを読み込むか、ボタンを押してご予約ください。